昨夜は点滴アラームも鳴らず、よく眠れました。


手術前日は、緊張して寝れないものかと思いましたが、アラームのせいで連日の寝不足が逆に良かったみたいです^^

ドクターチームの先生方にも、良く寝れましたと答えると笑われました(笑)

ついに迎えた手術日当日。

果たしてマクドナルド手術はどういった流れで行われるのか?


当日の流れを時間を追ってお届けします。

Sponsored Links

当日の術前の様子

朝の健診と体調

普通通りの健診で、頸管長は 、

2.7cm 。。。

また短く戻ったよぅ (´;ω;`)
 

午前の体温36.2℃。久し振りの平熱です。

心音・血圧、問題無し。
NSTも張り無し。

点滴の追加

水分補給の点滴を追加されました。

本日は飲食が一切禁止ということで、脱水症対策にソルクラト輸液を追加します。

そこで針の差し替えもあって、珍しく手こずられました😵


ドクターチームのイケメン先生なのだが、どうも注射は苦手なようで。。。

右腕と左腕とで散々迷ったあげく、席を立ちホカロンで温めてから、ようやくブスッと決まりました(^^;


針がやや太くなったせいか、先生の腕が悪いせいか(笑)、ちょっと痛みます。

留置針の変更

手術時の注射針は、万が一、何かあった時のために点滴のものより太くなります。

短時間で急速輸液が必要になるかもしれない、また輸血になった場合はドロドロの血液を流すために、通常のものよりも太い留置針が必要になるのです。


術後は30ml/1時間は変わらず、ウテメリンの濃度が上がるとのこと。

やはり術後は張りが強く出る可能性があるということでしょうか。


浣腸で腸を空にする

体調万全と言いたいですが、便秘が。。。


下剤の量を実験中なんですが、この2日間、出てはいるものの残便感があり、今日に至っては腸の動きすら感じられないです(^_^;)


健診で相談すると、酷い便秘も張りの原因になるし、手術後はさらに悪化する場合もあるので、浣腸しましょうか〜と言われてしまいました。


✓私の便秘事情



浣腸で、子宮収縮が起こると嫌だけど、ひどい便秘もつらい。

悩んだ結果、少し恥ずかしいけど、背に腹は変えられず。。。

12:00前に看護婦さんに浣腸を注入して頂き、魔のグルグル便意を無心で耐える。

でもほんと直ぐに波が来てヤバイ!


できるだけ長く我慢して下さいねーと言われたけど、この激しさを20分以上も耐えられるか〜⁉️ (゚皿゚メ)


ドクターチームの回診

そんな耐え忍んでいる時にドクターチームの回診。

lunai
ちょ、タイミング!(;゚Д゚) 



内心焦りながらも、いつもの張りの具合や体調の応答と、今日はよろしくお願いします、と辛うじて答える私。

ちなみに手術の時間は14:00より遅くなる事はあっても、早まる事は無いそうです。


母からの電話

先生方が帰ったと思ったら、手術の持ち物のことで母から電話がかかってきたので、慌てて大部屋を出て、外にある唯一のトイレに駆け込んで宿便の出産。

まだ出そうだけど、とりあえず第一陣は間に合いました。。。ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


そんなこんなで、13:30には着替えも終わり、スタンバイOKです。


Sponsored Links

手術のお迎えが来る

14:00スタート予定でしたが、14:50にお迎えが来ました。


いつもの車イスかと思ったら、ふつーに歩き!
歩いても良いんだ(^^;;

主人は仕事で来られなかったので、母の見送りで手術室入口まで来ます。


手術前も後も、きっと1人だったら、無駄に不安になっていたでしょうから、付き添いに来てくれた母には感謝です!


手術室の中

中に入ると簡易イスに座って、担当のスタッフが挨拶してくれます。

若い女性2人(可愛い!)と中年女性1人と男性1人で、男性が麻酔科の先生です。

優しそうなTHE草食男子な風貌。


名前・生年月日・血液型・手術部位などの、誤認を防ぐ確認作業を兼ねた質疑応答の後、手術室へいざ!( *`ω´)


さらに中で部屋が分かれています

扉を抜けると左右に大きく数字の入った金属の扉が並びます。(7番までだったかな?)


部屋番号の載った、空港の電子掲示板のようなものが廊下にありました。

使用状況がわかるようになっている模様です。


私は「4」の部屋。

入室後の第一印象は、


lunai
広っ! 明る!!(◎_◎;) 



2~30畳はゆうにある部屋には、たくさんのモニターが。

室内では有線放送(J-POP)が流れていました。


いざ手術台に乗った感想

麻酔前の準備で、手術台に上の仰向けになり、バスタオルをかけられます。

タオルの下で手術着を外し、胸や腕、指などに血圧計・心電図・酸素測定器をつけ、あっという間にコードだらけ。


lunai
ER緊急救命室やDr.HOUSE、グレース・アナトミーや NIP/TUCK なんかで散々見た手術室だ〜
ここの方がもっと広いけど!



海外ドラマフリークのため、ドラマ内で幾度も見た手術シーンを思い出しました。

ここまで来ると腹が座るのか、他人事のように感じますσ(^_^;)


左右のバカでかいモニターに私の心拍数と、胸部レントゲン写真が映し出されています。


天井から大きなアームがニョキニョキと生え、モニターやライトが付いているんですが、手術の際に一斉に動く姿には何故がトキメキましたね(笑)


先生方
大丈夫ですか?
気持ち悪くないですか
lunai
大丈夫です~
lunai
なんかSFみたいだな!



沖縄顏先生とイケメン風先生が、心配して声をかけてくれますが、けっこう下らないことを考えていました(笑)

Sponsored Links

まず最初に麻酔が始まる

正面の時計は15:00。

麻酔を打つ際は看護婦さんが支えてくれて、横向きになって背中を丸めて猫のポーズ!

注射を打たれる姿勢になりました。


最初の注射の痛み

後ろから医師が注射します。


ぶっちゃけ、この最初の痛み止め注射が1番痛かった( ;  ; )

背骨の神経を親指でぐりぐりーっと押された感じ。


麻酔科
痛みはありますかー?
ま、まだ痛いです



さらに痛み止めを追加。

麻酔の注射の際には、もはや針を刺される痛みはなく、左右の足の感覚の違い(温かいか、しびれはあるか等)を聞かれながら、注入の量を調節していきます。


手術の準備が完了

麻酔注射が終わると、アルコール綿を肌にあて、どの部位で冷たさを感じるかのテストをして、麻酔が下半身にだけ効いているかの効き具合を確認。


その頃には両足はポカポカ熱い感じ、爪先までじんじん痺れています。

感覚としては、歯の麻酔後の口周りの違和感が足全体を覆ってる感じ。

もう自分では動かせません。


片足ずつスタッフに抱えられ作業台に乗せ、手は別の台に左右に開かる形で乗せられ、手足首に転落防止のベルトを巻きます。


lunai
これは。。。まさにカエルの解剖ポーズ!Σ(゚д゚lll)



ちなみに心拍数が1番上がったのは、例の内診ポーズに足が上がった瞬間でした。

横のモニターの心拍数が跳ね上がって、ちょっと笑いそうになる私。


lunai
い よ い よ か!! :(;゙゚’ω゚’)


Sponsored Links

ついに手術がスタート

まずは赤ちゃんの心音を心拍スピーカーで確認。

いつも通り、元気で良い!

まな板の鯉の手術

施術中は胸部にアーチ上の立て掛けを置き、布をかけるので直接は見えません。


まずはお小水用の管を入れます。

感覚はもちろん無く、術後もしばらくはこのまま(; ̄ェ ̄)


次に頸管を縛っていくわけですが、膣や子宮内の感覚・痛みはありません。

唯一感じたのは、お腹の上に物を乗せたり下ろしたりする感覚。


lunai
お腹の上を作業台にして、器具を置いたり取ったりしてるのかしら。。。


と、本気で思いました。

あっという間に終了

なんだか眠くなってきて、うつらうつらしていたら、終わりましたよ〜の声。
 

おお、意外に早い。

時計を見ると15:30。
入室から30分経過していました。


先生からは、マクドナルド手術を行ったこと、出血もなく無事成功したことを報告されました。

解散もあっという間

終了の掛け声があると、一斉に手足は戻され、アーチは崩され、元の手術台に。

すぐに心音確認が始まります。

先生
うん、元気ですね! 



大音量で響く双子の心拍音に、思わず笑顔がこぼれました(^o^)


手早くコード類は抜き取られ、手術室に持ち込まれたベットに移されます。

引っ越し業者のごとく、めっちゃ手際が良い!


あっという間に手術着と産褥ショーツを履かせてもらい、先生方と共に退出。

Sponsored Links

手術室から大部屋へ

手術室を出ると、手術担当だった先生方と、

沖縄顔先生
ご主人に報告してきますねー^^
イケメン先生
あれ?
確か来れないとかで、いらっしゃってませんよね
代わりに母が来ているので、お願いします〜〜


そう言って、手術結果の説明をお願いしました。

Sponsored Links

移動はベットに寝たまま

看護婦さんとヘルパーさんに、大部屋にベットごと運ばれるんですが、フラットのままのベットで移動すると酔いますね!


lunai
気持ち悪い。。。(≡ω≡.)
そしてなんか色んなところが痒い?



頭や手術着のあたるところに痒みも感じて、麻酔の副作用が早くもで始めたようです。


しかし術後はしばらくベットを起こしてはいけないそうなので、気持ちが悪いまま我慢。


16:00前に大部屋に着くと、直ぐに体温・血圧・心拍・産褥ショーツ&生理パットに血がないか確認。

これを最初は30分ごと2回、その後は2時間おきにやります。

心電図のモニターが指や胸から出ています。

NSTで張りをチェック

術後、初めてのNSTをやり、30分で一度張りが出てしまいました。

万全を期すために追加30分💦

その後、めでたくモニターを外せました^^


Sponsored Links

全身拘束の様相を呈しております

心電図・呼吸の計測器が指と胸の複数からコードが出て。

さらに両足には血栓が出来ないための、空気圧でふくらはぎをマッサージをする器械がつながれ。


お小水の管もそのままです。

もちろん下半身は全く動きません💧

さらに全身にかゆみがあり、かきむしりたいのですが、身体が動かずイライラヽ(#`Д´)ノ

まさに全身を拘束されています!

頭痛と気持ち悪さもあり、どれも麻酔の副作用で仕方ないのですが、暫くじっと目を閉じ耐え忍ぶしかありません。。。


Sponsored Links

手術は無事に終了です

気づくと寝ていたようで、いつの間にか母の姿が😂

ホッとして、ようやく終わったんだなぁと実感がわきます(*^◯^*)

手術後は抗生物質の点滴が追加

部屋に戻ると、点滴に抗生剤も加わり、全部で3本になりました。


Sponsored Links

術後は飲食禁止です

これがけっこうキツイ!

院内は乾燥しているので、喉はカラカラ。


看護婦さんに言っても、しばらく飲めないんですよ〜の一点張り(; ̄ェ ̄)

砂漠で遭難した気分です。

干からびそうなとき救世主現る

18:00頃に先生方が様子を見にきてくれて、その際、喉が渇いてツライ〜と話すと、氷だったらOKの許可があっさりと出ました!


lunai
やったー!
嬉しい💕


術後で一番喜んだかもしれません(笑)


看護婦さんに聞いてダメだった場合は、先生に訴えるのがポイントですねε-(´∀`; )

氷を舐められるだけで、ずいぶん楽になりましたよ!


術後、約4時間経過

19:00過ぎると、ようやく体位が変えられるくらいに動かせるようになり、身体中のかゆみも治まってきました。

でも頭痛は変わらず⚡️⚡️ 

地味にキツイよぉ〜〜(´;ω;`)

20:00前に母が帰宅。

本当に居てくれて心強かったです!

手術後の体調確認

就寝時間の前に心音、血圧、腹音(聴診器をあてて聞く)の確認。

すべて異常無しでした(≧▽≦)

体温は術後ずっと37.1〜37.6°C。

NSTは張りが一回出たそうです。


Sponsored Links

まとめ

長いようであっという間の1日。

痛みも違和感もなく、スタッフさん全員が優しく頼りになり、安心して施術を受ける事が出来たと思います^^

手術自体よりも、副作用や絶飲食がつらかった印象でしたね(´-∀-`;)


そしてここからが本番です。


果たして子宮頸管長は、どのくらいで固定できたのか。

張りが誘発されることはないか。

子宮頸管の炎症は?



気になることばかりですが、全ては明日から!

お腹も空いて喉も渇いて、緊張もたくさんしたので、今夜は早く寝ようと思います!(>_<)

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク